就業規則作成

就業規則コンサルティング

~ 会社の成長をバックアップ!「経営戦略」としての就業規則をご提案! ~

「ヒト」のことは”他人事(ヒトゴト)”ではありません!!

  • サービス残業で訴えられた!!
  • 優秀な社員を採用できない。採用しても定着しない。
  • 労働基準監督署の立ち入り調査があった。
  • ずいぶん昔に「ひな型」で就業規則を作成した。
  • 会社の実態に合わないルールで、結局運用できていない。

 

小松社会保険労務士事務所がご提案する就業規則 5つの特徴

1. 「経営戦略」としての就業規則
就業規則は社員が最大限の力を発揮し、会社と共に大きく育つための「経営戦略」です。コンプライアンス遵守は当然ですが、会社の実態に合わない就業規則では、何のために作成したのか、わからなくなってしまいます。
当事務所は、御社の経営方針や「ヒト」に対する考え方、課題等を入念にヒアリング・整理して、御社の実態および戦略にマッチした就業規則をご提案します。
2.訴訟リスクを大幅に軽減!
近年、社員(元社員)から会社が訴えられるケースが急増しています!!
個人がカンタンに会社を訴える時代となりました。
御社の就業規則は、訴訟リスクに対応できていますか?
最新の法律に対応していない、もしくは御社の実態とは異なる「ひな型就業規則」では、場合によっては事態を悪化させることにもなりかねません。
訴訟で負けない、あるいは未然に訴訟に発展するリスクを大幅に軽減させる就業規則をご提案します。
3.経営者と社員の「夢を実現するための」就業規則
ヒトはどんなときにやる気になるのでしょうか?
それは必ずしも高い賃金や、大会社のように充実した福利厚生制度ではないはずです。
当事務所は、御社が会社として「できること」と「できないこと」を明確にし、 できる範囲内で、社員が安心して、長く働けるルールづくりをお手伝いします。
大切なのは、就業規則をひとつの手掛かりとして、
経営者と社員が「夢を実現するために何をしていくのか」ということに真剣に向き合うこと。
当事務所は、ルールをつくるだけではなく、その過程を大切にしながら、「ヤル気の出る就業規則」をご提案します。
4.小さな会社でも「使える」就業規則
「ひな型就業規則」でとりあえず作成してみたものの、ムズカシイ表現や、会社の実態とかけ離れたルールになっていませんか?
もしくは就業規則が、会社の成長を阻害していませんか?
当事務所は、コンプライアンス遵守は当然ですが、各会社によって異なる成長ステージに合わせて、わかりやすく使いやすい就業規則をご提案します。
5.最新の法律に準拠
労働に関する法律は、改正が頻繁に行われます。
当事務所にご依頼いただくことで、安心して最新の法律に準拠した就業規則を手にすることができます。

お問合せはこちらから

就業規則コンサルティング ご依頼の流れ

経営者様向け

料金

料金 108,000円~(消費税込)
  • 社員10人未満の会社様向けのリーズナブルなプランもご用意しております。
  • 顧問契約サービスの一環としてご依頼いただける場合もございます。
  • 人事制度見直しに伴う賃金規程、退職金規程等の作成は、「人事コンサルティングサービス」に含まれます。

お問合せはこちらから