助成金情報!人事評価制度を整備したい企業は注目!

2017年4月1日から新設された「人事評価改善等助成金」。
 

助成額は最大130万円制度整備助成50万円+目標達成助成80万円)とわりと大きいので、
そろそろ人事制度を整備したいとお考えの企業さんはこの機会に検討されてはどうでしょうか?

 

 

1.「キモ」は生産性アップと賃金アップ

単に人事評価制度や賃金制度を作っておしまい、ではダメで、
それによって企業の生産性をアップさせること、かつ社員の定着と賃金アップを実現しなければなりません。
 

この助成金を受けるためには、まずは計画書を作成し、それを労働局で認定してもらわないといけないのですが、
この計画段階で、新しい人事評価制度・賃金制度を導入することによって、1年後に2%以上の賃金アップが見込まれないといけないのです。
 

2%以上の賃金アップに耐えうる「利益」を出さないと当然計画倒れになるので、
そのためには社員が能力を磨いたり、利益を出す行動をしていかないといけない、
会社は「生産性」ということを真剣に考えないといけない。
 

人事制度では、生産性をアップさせるためには、
社員ひとり一人が何をしたらいいのか、
どんなことを目指せばいいのか、
ということを具体的に落とし込んでいく必要があります。
 
ちょっとハードルが高いけど、
わりと理にかなった助成金だな~と思います。

 
 

2.まずは「計画書」の提出から!

計画書は新しい人事評価制度・賃金制度を実施する月の初日からさかのぼって、
6か月前~1か月前の日の前日までに提出が必要です。
 

人事評価は最低でも年1回実施しなければならないことになっています。
 

人事評価って、会社の決算等に合わせたほうがいいですし、
3月末決算の会社であれば、10月には新制度をスタートさせるのがベストかと思います。
 

となると、8月中には計画書を提出せねばなりませんので、
検討を開始するなら「今!!」という感じです。
 
 

大まかな助成金申請の流れは以下のようになっています。

  1. 人事評価制度等整備計画の作成・提出
    (提出期間内に本社管轄の都道府県労働局へ提出)
  2. 認定を受けた上記1の整備計画に基づく人事評価制度等の整備
    (労働協約または就業規則に明文化)
  3. 人事評価制度等の実施
    (すべての正規労働者に実施)
  4. ①制度整備助成の支給申請(50万円)
    ↓(人事評価制度等に基づく賃金が最初に支払われた日の翌日から2カ月以内に提出)
    ②目標達成助成の支給申請(80万円)
    (評価時離職率算定期間の末日の翌日から起算して2カ月以内に提出)

 

詳しくは厚生労働省のパンフレットをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000163409.pdf