在職老齢年金 定年後働くと年金カット?!

定年後の働き方を考えるときに影響するのが「年金」の仕組みです。

「定年後働くと年金がカットされるらしいよ。」ということはわりと広く知られるようになったのですが、すべての人がカットされるわけではありません。
本当は働いていても年金がもらえたのに、「年金はもらえない」と思い込んでいて何も手続きをしていなかった、というのではもったいないですね。

今回は「在職老齢年金のしくみ」について基本的なところをおさらいしてみます。

企業においても、定年後の再雇用制度を考えるときに、「在職老齢年金」についての正しい知識が必要となってきます。

1.在職老齢年金って何?

60歳以降に働きながら年金を受け取る場合、1か月あたりの年金額と給与の合計が一定額を超えると、年金がカットされる制度です。

ここで注意していただきたいのが、「60歳以降に働きながら」のところです。
正確に表現すると、「60歳以降に厚生年金に加入して働きながら」ということなのです。
厚生年金に加入するのは、正社員の4分の3以上の労働時間で働く人なので、例えば短時間勤務の人は厚生年金に加入せずに働く場合もあります。厚生年金に加入せずに働く場合は、「在職老齢年金」のしくみの適用を受けずに、年金を全額受給できます。

2.在職老齢年金でどれぐらいカットされるの?

計算方法は、60歳~64歳までと、65歳以上で異なります。

まず、60歳~64歳の計算ですが、

もらえる年金を12で割って、1カ月当たりの年金額を出します。(①)
加算年金(配偶者の扶養手当のようなもの)がある人は、加算年金を除いた額で計算します。

その月の給与額と直近一年間に支給された賞与額の12分の1の合計額を出します。(②)

①+②が28万円以下であれば、年金はカットされずに全額支給されます。

①+②が28万円を超える場合は、超えた額の2分の1が年金からカットされます。
さらに②の額が47万円を超える場合は、超えた額が年金からカットされます。

給与や賞与が高いと、カット額が年金額を上回り、全額が支給停止となります。

3.何歳までカットが続くの?

65歳以降は「老齢基礎年金」の部分は支給停止されずに、働いていても全額受給することができます。

「老齢厚生年金」の部分は在職老齢年金のしくみによりカットされますが、
①+②が47万円以下の場合は全額支給されます。
47万円を超える場合は、超えた額の2分の1がカットされます。

厚生年金には70歳まで加入義務がありますが、70歳以降も働き続けた場合は、給与や賞与の額に応じてカットのしくみは続きます。

4.働き続けるのって何だかソン!?

在職老齢年金のしくみって、何だか複雑ですね。
年金は個人の貯金ではなくて、「社会保障制度」ですから、収入が少ない人は年金で補ってもらうけど、収入が高い人は自分の力で生活してね、という考え方がベースにあるのは分かるのですが。

今後、国としても企業で高齢者を活用せよ、というのであれば、この在職老齢年金のしくみは個人的にはやめて欲しいな、と思います。

せっかく意欲も能力も高い人がいても、「年金が減らされるんじゃ・・・」と高い給与を支払うことに二の足を踏んでしまいそうです。

お元気な人にはどんどん活躍してもらって、年金も減らすんじゃなくて、どんどん消費へ回してもらってもいいのでは?と思うのですが・・・。

「働き続けるのは損」ってせめて思わない制度になってほしいと思います。