平成29年1月1日より65歳以上の人も雇用保険の対象に!

もうすぐ2月も終わろうとしています。
今頃、、、という感じですが、今年に入って雇用保険の適用対象が拡大されています。

65歳以上の人が加入対象となっていますので、
手続きが必要な人がいないか、再度チェックしておきましょう!

 

 

1.まずは65歳以上の人が社内にいないかチェック!

まずは65歳以上の人が社内にいないかチェックしてみましょう。

 

65歳以上の人でも、雇用保険の加入手続きが必要な人と、
手続き不要の人がいます。

 

【資格取得手続きが必要な人】
平成28年12月31日以前に雇用した人で、雇用した時点で65歳以上だった為、雇用保険に加入していない人。
このような人は、平成29年1月1日付で、雇用保険の資格取得手続きが必要です。

会社や本人の希望がどうであろうと、
週20時間以上の勤務、31日以上の雇用見込みがあれば、
雇用保険への加入が必要です。

もちろん、平成29年1月1日以降に、新たに65歳以上の人を雇用した場合も
雇用保険の資格取得手続きが必要です。

 

【手続きが不要の人】
65歳になる前から雇用保険に加入していて、引き続き65歳以降も雇用している場合は、
すでに雇用保険の適用がされていますので、
資格取得手続きは不要です。

 

毎年4月1日現在で、満64歳以上の人は、雇用保険料は免除されていますが、
この免除は平成31年度までそのままの予定です。
よって、新たに65歳以上で雇用保険の資格取得手続きをしたとしても、
現時点では雇用保険料の負担はありません。

65歳以上の人でも、「高年齢求職者給付金」や「介護休業給付」等の対象となりますので、
手続きはしっかりとしておきたいですね。

 
 

2.「特定受給資格者の基準」など、平成29年1月1日より変更あり!

上記の65歳以上への適用拡大は大きな変更点ですが、
雇用保険に関しては、ほかにも特定受給資格者の基準が変更されています。

以下の2点が「特定受給資格者」に追加されています。

  1. 妊娠・出産を理由とする不利益な取り扱いを受けたことにより離職した場合、育児・介護休業等の申し出を拒否されたことにより離職した場合に特定受給資格者とする
  2. 賃金の不払いがあった場合、これまでは賃金不払いが2カ月以上続いた場合または複数回あった場合が対象になっていたところを、1度でもあれば特定受給資格者とする

雇用保険の適用拡大等についてのお知らせはこちら

 
 

3.雇用保険料率がまた下がるかも。

平成28年度も下がりましたが、平成29年度の雇用保険料も下げるための法律案を国会へ提出中とのことです。

うーーん、早く決まって欲しいですね。4月からのお給料計算に影響しますので。。。

国会で成立すれば、平成29年4月1日施行だそうです。

法案提出中のお知らせはこちら

 

ちょこちょこと、実務に影響する改正がありましたので、ご注意ください!